赤ちゃん

乳児湿疹には様々な原因がある|バリア機能の低いお肌を守るコツ

赤ちゃん特有の症状

親子

赤ちゃんというのは大人と比べて体の機能が未発達であり、特有の症状が現れることが少なくありません。乳児湿疹と呼ばれる症状もその一つです。大人と比べると肌が薄くてバリア機能も高くないので肌トラブルが起きやすい状態になっており、乳児湿疹と呼ばれる症状がよく見られるのです。乳児湿疹は生後2週間頃から見られるようになりますが、主に見られるのは新生児期から乳児期の間です。多くの場合は乳児湿疹が見られてもこの時期を過ぎてしまうと自然に治癒してしまうのでそれほど気にする必要はありません。しかし、なかなか治らなかったりする場合には乳児湿疹ではなくアトピー性皮膚炎などが原因である場合もありますので、その場合は早めに皮膚科に相談することが大切です。

赤ちゃんの新生児期から乳児期にかけて多く見られる乳児湿疹は、その症状も様々で原因も色々と考えられます。その原因の中でも多く見られるのが皮脂の分泌過多・乾燥・角質層の薄さの3種類です。赤ちゃんは女性ホルモンの影響で皮脂の分泌が活発であり、毛穴が詰まりやすくなってしまいます。そのため、大人と同じようにニキビが出来ることが多いのです。また、生後3ヶ月を過ぎると皮脂の分泌は収まりますが今度は乾燥しやすくなってしまいます。そうなると乾燥性皮膚炎になりやすくなってしまうので、特に乾燥する冬場には注意が必要です。皮膚のバリア機能の役割を果たしている角質層ですが、赤ちゃんはこの角質層が薄いために外的刺激に弱くなっています。そのため、おむつかぶれや汗疹で悩まされることが多いのです。乳児湿疹といってもそれぞれ原因が異なるので、それに合わせた対策をすることが大切です。

ベビー用品を揃えるコツ

母子

ベビー用品は、揃えると高額になるものも多くあります。購入を悩んでいる時には、レンタルをするという方法があります。例えば、チャイルドシートは新生児から6歳になるまで必要ですが、子供の成長に合わせてサイズも大きくなります。レンタルであれば、いつでもぴったりのサイズが利用できます。

Read More..

赤ちゃん用品を借りるには

赤ちゃん

ベビーベッドは購入すると高くつくのでレンタルすることが出来ます。お店を通じてレンタルする方法や、知人を通じて借りる方法もあります。借りる前にいつまで借りるのかを決める必要があり、過ぎてしまうと延滞料金が発生します。

Read More..